性行為でうつる淋病を治そう!感染経路&治療方法を学ぶ

tablets medicine

克服できる病気

curative

感染経路が性行為である病気、性感染症の中には根治が不可能なものもありますが、少なくとも淋病は抗生物質を使うことでしっかり治せます。悲観せず前向きに治療していきましょう。

More

予防が大事

 physics

小さいワンちゃんのフィラリア予防はレボリューションの小型犬用をこちら購入するのが早いです。

淋病の感染経路は、限られています。淋病は性行為感染症です。つまり、主要な感染経路は性行為です。症状は男性と女性で異なります。男性の場合、感染すると排尿痛や尿道口から排出される膿で、性器の異常に気が付き病院を受診します。そこで確定診断が下ります。しかし、女性の場合、症状が男性ほど明らかなものではないので、知らない内に感染していることがあります。しかし、女性は感染したままだと、不妊の原因にもなるので注意が必要です。感染経路がある程度特定されているので、防御は簡単です。確実なのは感染経路である性行為をしないことです。次は、しっかりコンドームを着け、不特定の人と性行為をしないことです。そうすれば、淋病感染のリスクは低減されます。

淋病を引き起こすのは淋菌という細菌です。感染した場合、抗生物質を服用することで治療します。梅毒などの他の細菌性の性行為感染症などにも言えることですが、近年、薬剤耐性菌による感染事例が報告されています。薬剤耐性菌に感染すると一般的に使われている抗生物質が効かず、治療が難しくなります。また、治療にかかる時間や費用も増大します。どの薬が効くのか、一つ一つ試していく必要があるからです。人類と細菌の戦いは、ペニシリンが実用化され多く利用されると人類が勝利したかのように思われました。しかし、すぐに耐性菌の問題が生じました。淋菌も薬剤耐性菌が既に出現しています。俗にスーパー淋菌と呼ばれています。感染予防は、普通の淋菌と同じなので、淋菌に感染しないように注意しましょう。

淋病のさまざまな症状

drug

感染すると性器を中心にさまざまな症状が現れる淋病ですが、その内容はさまざまです。排尿痛や発熱などは共通していますが程度には個人差があるので軽いからといって軽視せず治療しましょう。

More

年々増加している

 medicine

「男性がより感染しやすく発症しやすい」「女性は症状がない場合がある」など、さまざまな特徴を持つ淋病は、「感染者が増加傾向にある」という見過ごせない特徴もあるので注意しましょう。

More